幼少期のお子さんがいらっしゃる保護者さまの関心ごとは、「どういった幼児教育を何歳から始めさせたらいいのか」ということではないでしょうか。

格差が広がるばかりの社会で子供の将来を考えると、より良い環境で、質の高い教育の機会を与えてあげたいと思うのは、親の自然な気持ち。では、どうすれば「将来に役立つ能力」を育てることができるのでしょうか。

子供の才能を伸ばす幼児教育とは
幼少期から習い事をしている家庭が増え、「何歳からどんな習い事をさせたらいいのか」と悩んでいる人は多いものですが、一方で習い事よりも、家庭での規則正しい生活に取り組んだ方が良い結果が出るという考え方もあります。

三つ子の魂百まで、といいます。
幼少期のお子さんがいらっしゃる保護者さまの関心ごとは、「どういった幼児教育を何歳から始めさせたらいいのか」ということではないでしょうか。

有名な話ですが、「3、4歳の時期に適切な教育を受けなかった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになる」と、科学雑誌に記載がありました。

「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、就学前の育児・教育が重要なポイントだと言えます。

 

将来への影響
近年、就職問題ではミスマッチが多く、自分のやりたいことができる企業への就職が困難で妥協して就職する人も少なくないようです。

またグローバル化が進み、世界で活躍できる人材への期待が高まっています。

子どもを取り巻く将来の不安が広がっており、これからの人材には、単なる学力ではなく、異なる価値観や文化をもつ人とのコミュニケーション力や、チームで活動する人間力、そして将来像を描ける想像力・企画力、そしていま何をするかを考えて行動する力が求められています。

 

「文字の読み書き」よりも「コミュニケーション力」や「考える力」を!
最近は、幼児教育が一般的になっており、多くのご家庭で幼児期に「文字の読み書き」に取り組まれているようです。

しかし、幼児期における早期教育で代表的な「文字の読み書き」については否定的な研究者が多く、「3歳での『読み書き』能力は、親の所得や教育投資額が多いほど高かったものの、小学校入学前には『読み書き』能力の差は消滅した」という結果も出ているようです。

幼児期に文字の読み書きができれば、親の満足度は高まるでしょうが、小学校1年生から読み書きを習い始めたとしても、誰もが普通に読み書きができるようになることを考えると、「文字の読み書き」の幼児教育の効果は限定的です。

小学校低学年までは学校の授業についていけても、高学年から学習が遅れる児童が多いのですが、その原因は二つ挙げられます。

 

一つ目は、語彙力の不足
語彙力が不足していると、授業で聞く言葉の意味をイメージできないため、授業の内容を理解できなくなるのです。

 

二つ目は、考える力の不足
小学校高学年になると、文章題など考える問題が増えてきます。考える力や経験が不足していると、難問を目の当たりにすると、解こうという気持ちが萎えてしまうのです。

コミュニケーションの土台となる語彙力や考える力は、親子の会話のやりとりを通じて、子ども自身が考えて判断する経験を通して豊かになります。

所得や教育投資額に関係なく、お子さんとの楽しい経験の共有を大切にする家庭では語彙力が高くなる傾向があります。

また、お子さんが考える時間を大切にしている家庭では考える力が育まれます。

小さい時から文章を読む癖を付けると語彙力が格段に向上する、との事だったので、自分もやっておけばよかったな、と軽く後悔しています。

 

子育てにもコーチング

コーチングを一言で表現すると、「効果的・拡大型の質問を与え、対話によって、考えさせ、聞いてあげて、答えを自分で気づかせる」コミュニケーションのテクニックです。

 

子育てでの効果的な手法

「問いかけ」とは、ただ質問するということではなく、子供に考えさせるためのきっかけを与えることをいいます。

例えば、「どうしてテストで20点しかとれなったの!」と頭ごなしに責めるのではなく、次のように、子供がその結果に対して自発的に考えることを促すような問いかけを行うといいでしょう。
「今回のテストで20点をとった原因は何?」
「良い点数が取れなかったのには何が足りなかったの?」
「次のテストにむけてどのような準備が必要だと思う?」

このようなママの問いかけに対して、子供は自分で考えて答えを導き出そうとします。

また、「次のテストでは○○点以上とる」など、目標を立てさせることも大事です。

これらの一連の流れが子供の気づきにつながります。

 

傾聴のポイント

「傾聴」とは、英語では「アクティブ・リスニング」といって、文字通り「耳を傾けて聴く」ということです。
といっても、ただ相手の話を聞くのではなく、積極的に話を聴くことによって深く相手を理解することが目的です。傾聴する際は、次のようなことを心がけると子供は話しやすくなります。
「へぇー」や「そうなんだー」などのあいづちを打つ
「○○なんだね」と相手の言ったことをオウム返しする
表情や姿勢など見た目に変化をつける

これらのことを心がけることで、子供は「理解されている」「共感してもらっている」と感じるのです。

傾聴はコーチング以外にもカウンセリング等に活用されています。

 

子育てコーチングによって得られる5つの効果
実際に子育てコーチングを行うことで、一体どのような効果があるのでしょう。ここからは、子供が成長していくうえで得られる5つの効果についてみていきましょう。

1.問題点が明らかになる
自分でも気づかなかったことに気づくことができるようになります。
問題点を自分で理解することは、目標を立てたり目的を持ったりすることにつながり、向上心を得ることができます。

2.自分に自信がつく
具体的に自分で目標を立てることによって、実現した際に達成感をより味わうことができ、「頑張ればできる」という自信につながります。

3.コミュニケーション能力がアップする対話の積み重ねによって、コミュニケーションの質の向上にもつながります。
自分の考えや気持ちを相手に理解してもらえたという経験が増えことで、他人とコミュニケーションを取る意欲も高まりますよ。

4.考え方が柔軟になる
人と話し合うことによって、自分とは違う考え方があることに気づくことができます。
物事をいろいろな角度から考えることができるようになると、柔軟な考え方が身に付くようになるのです。

5.日常の中で目的意識が生まれる
成功体験を積むことによって、目標を達成するためにはどうすればいいのかを常に考えるようになり、さらに、目標を達成することで、さらに新たな目標へのチャレンジへとつながります。

子育てコーチングを行う際の注意点
子育てコーチングは、決して難しく考える必要はありません。コミュニケーションに少し工夫をする、というくらいに気楽に考えて始めてみるといいでしょう。

子育てコーチングを行う上で、親が子供を支配しているような関係性は、子供の反発を招く恐れがあります。「いいから黙ってお母さんの言うこと聞きなさい」なんて言うのはもってのほかです。
対話では子供の自主性を優先し、必要だと感じた場合にのみアドバイスをするようにしましょう。

普段から過干渉にならないよう心がけ、信じて見守ってあげることが大切です。そして、子供がサポートを必要とした場合には手助けをしてあげることで、いい親子関係を築くことができるでしょう。

続きを読む!

 

関連サイト

遊びながら学べるアプリが満載!
0歳から保育園・幼稚園の未就学児、小学生までお子様


dキッズの特徴

・子供向けの知育アプリ30種類・約1500コンテンツが使い放題

・子供に大人気のキャラクターアプリが使い放題
アンパンマン、ハローキティ、しまじろう、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、プリキュア、はなかっぱ、トミカ、リカちゃんなど

・様々な学習ジャンルを網羅
文字・国語、数・計算・算数、絵本やお絵かき、クイズ・間違い探し・パズル、英語、食育、音楽、ミニゲーム、動画など

・お子様が安心して遊べる安全機能あり
タイマー機能で遊びすぎ防止。気になるタブレット・スマホのやり過ぎを防止できます。
パスワードロック機能で誤動作を防止。
広告のクリックや有害コンテンツのアクセスを防止できます。(※Android端末のみ)

・お子様が一人で遊べるので、お子様の手が離れて、
家事など親御様が自分のことをする時間をつくることに役立つ面も評価されています。

・月額372円(税抜)
多くの知育アプリは、1つのアプリで月額400円~1000円以上の料金が掛かるところ、
dキッズなら1つのアプリの利用料金で30種類ものアプリが使い放題なので、とてもお得!

株式会社NTTドコモ

子供向けの知育アプリが使い放題【dキッズ】

新学習要領に沿った学びを提供
先ずは資料請求だけでも・・・

ジャストシステム【スマイルゼミ】


学習内容
新1年生(12月開講)
入学準備のために平仮名、数、時間を学びます。
小学生(各学年)
国語、算数、英語、オプションとして英語、プログラミング

スマイルゼミが選ばれる理由

タブレット使った学習で、楽しく長く続けられる工夫が満載です。

1.動くから、理解が進む

2.指で触れて、体感できる

3.ネイティブな発音で英検5級が目指せる

4. 一人でしっかり学べる

5.丁寧に書いて答える力を養う

10月度講座のお申し込みは10月28日まで

スマイルゼミ小学コースはここが違う!
1.英語が標準教科として無料で学べる!

2.タブレット専用ペンで書いて学べる!

3.家族限定のメッセージツールが使えるから、お子様とのコミュニケーションも円滑に!

4.スマイルゼミ小学生コースをご利用頂いたお客様の91.3%が学力UPを実感!

先ずは資料請求をお勧めします。