第1段階・・・新人基礎教育

新入社員が社会人1年生として最低限守らなければならいない、礼儀や協調性・積極性などをマスターさせることが基本です。

①正しい礼儀作法
礼儀とは何か、なぜ必要なのか、TPOに応じた礼儀の種類とは等、根本的な理解を深めます。正しい理解のもと実際に反復訓練を行うことで、「正しい礼儀作法」を体得します。

②コミュニケーション力
自分が理解するまで聞く、自分の考えを相手に対してわかりやすく説明する、といった基本的な応対を繰り返し訓練することで、コミュニケーション力の素地を養います。

③社会人としての基本的ビジネススキル
「報告・連絡・相談」や「キビキビとした行動」等、社会人として備えるべきスキルが身につきます。
仕事に対する責任感、意識を高めます。

④積極的行動力
研修を通して、「粘り強さ」「忍耐力」が身につきます。
失敗を恐れず、困難な仕事にも率先して取り組むように意識を変えます。

⑤自ら考え、発言・発信する自主性
自ら自主的に考え、その考えや意志、決意を相手に伝える自主性を身につけます。
説得力のある表現方法を学び、磨き上げ、人前でも堂々と話すことができるようになります。

⑥業務スキルの習得
企業(組織)人であるからには、その企業(組織)の目的達成のための個人が担当する業務を習得する必要があります。
仮に営業職なら受注を増やすこと、事務職ならIT技術を効率的に使いこなし事務の生産性を上げることです。

第2段階・・・一人前のプレイヤーに育成

社会人として3~4年目ともなると、一山を越え企業(組織)の戦力となってきた時期です。

あれもこれもと手一杯になったり、あちらを立てればこちらが立たなくて困るなど、仕事上の迷いは多岐にわたる時期です。

一般的にできる人間に仕事が集中しがちになりますので、キャリアを築く過程で誰しも経験するクリアすべき課題です。

3~4年目となると、先ずは個人が担当する業務を100%習得させ、担当する前後の業務まで理解して業務リレーが円滑に進むことまで配慮させる。
リレーでバトンの受け渡しが効率よく行われるためには、前走者には渡し易くなるように、後走者には受け取り易くなるように配慮すると言うことです。

 

第3段階・・・メインプレイヤーとして

仕事にも慣れ、周りとも円滑にコミュニケーションがとれ、一般職としてはポイントゲッター的存在になってきます。

このメインプレイヤーを企業に貢献するためには如何に育成すれば良いのでしょうか。

武田信玄の「人は城 人は石垣 人は堀」を思いだします。いくら個人が頑張っても所詮は一人で10人分の成果を上げることはできません。でしたらチーム・グループとしてメンバー全員が成果を達成させることを考えさせることが重要です。

メインプレイヤーを卒業させ、リーディングプレイヤーへの準備をする段階です。

企業側は次期係長は誰にするかの選択に入る時期でもあります。
同僚に中から一歩先んじて昇格させるためには何を身に付けさせが良いのでしょうか。

次期リーダーとしての素質の改革・改善
社会や組織の閉塞感への不満や、先行き不透明な環境に対する漠然とした不安が影響し、また、「仕事ばかり増え、プライベートな時間が持てない管理職になりたくない」という人が増えるなど、昇進や仕事に対する価値観の変化も進んでいます。

こうした変化を踏まえモチベーションをアップさせ組織全体の機能向上を目指さなければなりません。
具体的な課題として、リーダーシップ力向上、後輩指導・育成力の向上などが重要となります。

 

第4段階・・・リーディングプレイヤー組織成績向上&牽引する

前段階での育成課題を達成され、リーディングプレイヤーに任用されたら、企業(組織)の経営方針や運営方針、事業計画を受け、自部門の成績の向上と自部門の目標達成のためにメンバーの統率・牽引の役割果たすべき人材へとステップアップしなければなりません。

スポーツクラブではキャプテンや主将に当たるでしょう。

業務がより一層複雑化してきたため、自ら問題を捉えて原因を究明し、解決に向けて周囲を動かしていく力が、中堅社員層にも求められるようになってきました。マネジメントに必須の力という意味でも、中堅社員のうちに職場での課題解決を推進する力を鍛えさせることが重要です。

今後、管理職ポストが潤沢に用意できるわけではないことを考えると、管理職候補者を計画的に育て、適切な評価によって登用していくことが重要となります。

続きを読む!

 

関連サイト

ビジネスシーンにふさわしい服装基本となる服装とは?
社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象が会社の印象(身だしなみ等)を決めます。
スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴を基本にします。

 

クリエイティブな仕事の場合の服装、ノーネクタイとは?
一般的にクリエイティブな仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。
とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。

カジュアルファッションの決め手とは?
適当に選んでコーディネートしてしまうと、下手すればおじいさん感が出てしまうことも。
かと言って、カジュアルオンリーでは子供っぽくなり、引かれるのも避けたいですよね。
カッコイイ年齢層にあったファッション雑誌を見ても、ハイブランドばかりでなかなか手が出せないことも多いのでは?

比較的安くて年齢層低めの男性ファッションブランドでも、取り入れるアイテム選びや合わせ方に注意すれば、年齢に見合ったカッコイイコーディネートを作ることは可能です!

あなたの専属スタイリストが、あなたに似合う服をお届けします。

自分をカッコよく見せたいと思うが、ファッションに関するお悩みがある方が是非お試しください。

ファッションがわからないので自分に似合う服を選ぶことができない。
ファッションが全くわからないわけではないが、いつも似たような服を選びマンネリ化する。
最新のトレンドが解からなく流行遅れを選んでしまう。
自身の体のサイズがとても大きくて、サイズが合う服があまりない。
地方在住で近くに服屋がほとんどない。
服の買い物や服選びに時間をかけたくない。

この様なお悩みをお持ちの方は専属スタイリストに任せてみませんか!

きっと、周りの人から感動の言葉があると思いますよ!

CROOZ_STYLING株式会社
男性の服の購入代行【ベストスタイルミーダイレクト】


が、お勧めです。

モテたいメンズのための『トータルコーディネート』を得意とする メンズファッションのオンラインストアです。

きれいめファッションからカジュアルスタイルなど幅広く品質にこだわった商品を 取り揃えており、

リピーターも多く、高い支持を集めています。

特徴はなんと言ってもコストパーフォーマンスが高い商品や、他店では手に入らないオリジナルブランドなど幅 広い抄本を揃えています。

トータルコーディネートSPUTNICKS
株式会社SEETHELIGHT

が、お勧めです。

日本初!小柄・低身長な小さいサイズの男性に向けたXSサイズ専門ファッションブランドです。
リピート率60%。

20代後半から40代で身長155センチ~164センチの男性

サイズがなくておしゃれを楽しめない方

洋服を買いに行ってもサイズがない!
おしゃれを楽しもうにも、サイズばかり気になって選べない

Mサイズなら気に入った洋服があるのに、なぜ、SやXSサイズは揃っていないの・・・

なんて、ご不満は解消されます!

日本初!小さいサイズ専門メンズ服・カジュアルブランド

レトロピクス(Retropics.)


が、お勧めです。