ある程度勤務経験を積み評価が上がると、部下を持つ管理職の立場になります。

世代の違い、価値観や考え方の違いなどで部下とのかかわり方に課題を感じる場面もでてきます。

仕事の進み具合や部門の業績などにも大きくかかわってくるため、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

 

あなたの職場では、「部下育成」はうまくいっていますか。「NO」もしくは「うまくいっていない部分もある」という声が、ほとんどではないでしょうか。

実際、「部下育成」に関する次のような悩みが、現場マネジャーから寄せられます。
・配属された新人は、ちょっと厳しく言うと、すぐにやる気をなくしてしまう
・バランスがよい「いい子」は多いけれど、なかなかもう一皮むけない中堅が多い
・自分の担当する仕事のことしかしない。もっと後輩の面倒を見てほしい
・経験の長いベテランの部下が、これまでの考え方ややり方を変えてくれない
皆さん、思い当たる節があるのではないでしょうか。

 

なぜ部下は思うように育ってくれないのでしょうか
一言でいえば、職場における部下の能力やキャリアがバラバラな中で、それぞれの部下の成長段階に合った育成や指導ができていないという点に問題があるのです。

 

これは会社における部下指導に限らず、スポーツの世界でも選手育成や家庭での子供育成にも共通する課題です。

うまくいっているマネジメントは、部下(選手・子供)の成長段階をきちんと捉え、その段階に合わせた仕事の任せ方、経験の積ませ方、仕事のプロセスでの関わり方を意図的に行っていたのです。

 

新人には新人、入社3年目の若手には若手、中堅社員には中堅の、効果的な育成方法があります。

にもかかわらず、同じ「一般社員」とか「部下」というくくり方で、みんな同じように指導・育成しようとしても経験年数やレベルに応じた成長が望めないのではないでしょうか?

 

一般的な4段階に区分した指導内容

 

各段階によって指導方法の使い分け

続きを読む!》》》

 

 

一方、組織の中には必ず、出来の良い人材とそうでない人材と更にはどちらとも言えない人材の3クラスに分類されます。

そのことを『2・6・2の法則」と云い、どんな組織に必ずこの法則に準じています。

更には『80対20の法則』があり80%成果を20%の要員によってもたらされると言われています。

この2つの法則を組み合わせると、下図の通りとなり、上位20%の人材が80%利益を上げているということになります。

では、どこに重点を置いて部下育成をすべきかは、おのずと答えは見えてきます。

一点集中主義か?全体のボトムアップ主義か?、あなたの所属する企業・部門・組織の特性応じて選択すべきです。

続きを読む》》》

 

持ち出し(外部)研修会の実施

さて、管理職の皆様は如何に効率の良い部下育成方法を取り入れて成果を上げられるかが課題となり、それぞれ実践されることと思いますが、

具体的な手段として、社内の会議室等での研修がベースとなることでしょう。

しかし、年に1度あるいは何らかの区切りの研修会等で持ち出し研修会(社外等の施設を利用する研修会)を企画されたら如何でしょうか?

気分も一新して特別な企画として成果がアップすることは間違いありません。

 

その際、場所?交通手段?経費?会食・懇親会などは?と事務局の皆様は大変なご苦労をなされます。

そのような煩わしい計画・段取りを一切合切を引き受けてくれるところがあります。

幹事さんのお手数を少しでも軽くするために「OFFSITE(オフサイト)」を活用してください。

「OFFSITE(オフサイト)」の特徴

【1】自然あふれる国内リゾート地でのオフサイトミーティングを代行手配
【2】会議室・宿泊・交通機関・食事を一括手配
【3】ご提案可能な施設数3500件以上
【4】幹事ご担当者さまの満足度96.5%
【5】便利なプレゼン資料形式の旅程表・お見積書
【6】平均23,000円~/人で催行
【7】ご要望をもとに無料で複数施設をご提案
【8】掲載プランのアレンジ・オーダーメイド可能

続きを読む》》》

 

部署のOA化・システム化計画

別の視点で、管理職の皆様の目的は部署・部門の効率を高め、生産性をあげ、利益を生むことにあります。

多くの企業・組織の情報システムに関する業務は専門部署(情報システム部)が所管し、特に基幹系と言われる中枢システムは当専門部署が計画し開発・運用を実視します。

しかし、現場の部署の細かいOA化等までには手が回らず、後回しになることが多々発生します。

個人的な例ですが、私の勤務していた企業でもそうでしたので、私は個人的に基幹系システムより、必要な情報をダウンロードして、その情報をACCESS(マイクソフト社・データベースソフト)で分析して効果的な営業用データ・資料を作成して効果を発揮しました。

多くの企業でこの様なケースは多々見受けられ、各部署のOA化を情報システム部に相談しても、情報システム部としては全社的な課題が山積しており、一部署の要望を聞き入れることは困難なことであるということです。

各部署の責任者の皆様へ

上記のようなジレンマを解消するために、アック部署でOA化・システム化を企画・立案してみては如何でしょうか?

組織の事情に苦慮して、遣りたいことを待ちわびて好機を逃すことになっては、評価の上でも汚点を残すことになりかねません。

この様なOA化・システム化にお困りの際に「難しいシステム開発会社選びが手間なくカンタンに相談できる」専門職があります。

是非、相談してみてください。》》》

 

 

関連サイト

サラリーマンの身だしなみ重要な点の一つに、フケ対策があります。
どんなにかっこ良いヘアスタイルやスーツ姿でも、肩や背中にフケが落ちていては幻滅します。
見ているほうが、頭が痒くなるような錯覚に落ち入るほどです。
頭皮でお悩みの方は、大事な会議中でも、デートの最中でも、前触れもなく襲ってくる頭皮が痒くなり、ムズムズ感に耐えられずにかきむしってしまうと、肩にはびっしり粉雪のようなフケが落ちることがあります。
毎日一生懸命、頭を洗っているのになんで!?とお悩みの方は多いと思います。

ミコナゾール硝酸塩の力で「フケの原因菌」にアプローチ
日本で初めてのフケ、痒みを防ぐ「ミコナゾール硝酸塩」をシャンプーとリンスに配合しました。
10種類の植物エキスを配合して頭皮に潤いを与えます。
アミノ酸系洗浄成分で毛穴の皮脂を洗浄し清潔を保ちます。


元気な髪を守る新しくなったケフトルアミノシャンプー
頭皮を元気にして、健康でハリのある髪へと導く土台を整えるケフトルアミノシャンプーEXは目的に合わせ導きだされた植物エッセンスや天然ミネラル成分を配合しています。
健康な髪の必須条件となる3つの大切な頭皮ケアの要素を軸に、個々の成分がパワーを高めあい、相乗作用をもって頭皮を安定した状態に保ちます。


今まで、脂漏性皮膚炎患者さんの症状にぴったりマッチしたシャンプーはありませんでした。
実際に頭皮が気になる方々にお試し頂き、好評のため商品化させていただきました。
KADASON SCALP SHAMPOO「頭皮が敏感」「脂性肌」「フケやカユミ」で低刺激性・無添加シャンプーで頭皮ケアが必要な方にオススメしたいシャンプーです。